折口内科医院

在宅医療・往診をとりまく現況

在宅医療の進歩

在宅医療の進歩が新たな病気との付き合い方を可能とします。

「具合が悪くなったら病院へ」
多くの方は、このように思ってこられたことでしょう。

しかし、在宅医療は進歩してきました。
今では、病院で出来る医療の大半は自宅でも受けることが出来るのです。
まずは、そのことを知っていただきたいと思います。
さらに、それを知った上で、「自分はどのように生きたいのか」
をぜひお考えいただきたいと思っています。

病院で出来る医療は在宅でも受けられる。

在宅医療は進歩してきました。
ひと昔前ならば 病院でしか受けることが出来ないと思われた治療が、今では自宅で受けることが出来るようになってきています。

たとえば医師や看護師の定期的訪問(訪問診療・訪問看護)。
在宅でのリハビリや在宅歯科診療も出来ますし、薬剤師や栄養士の訪問・指導も可能です。
治療では、点滴や、酸素吸入(在宅酸素)も簡単に可能です。
栄養補給については、中心静脈栄養や経鼻胃チューブ、胃ろうによる栄養供給。呼吸については、人工呼吸器を用いる「在宅人工呼吸」も可能です。
抗がん剤治療や、モルヒネなどを使用した緩和ケアも自宅で受けることができます。

癌だから自宅生活は無理、とか癌末期だから病院でないと困難、ということはないのです。
そして、最期を自宅で、という希望もかなえることが出来る時代になっています。

文字サイズ変更

  • 小
  • 中
  • 大
  • セミナー・講演会のご案内
  • 在宅診療って誰が、どこで、どうやって?よくあるご質問
  • 在宅治療を受けるまでの流れ
  • 地図から探す お近くの関連医療期間を地図から探して頂けます。


厚生労働省委託事業 在宅医療連携拠点事業

在宅・施設医療ネットワーク広島 事業専用TEL/082-249-8668
事業専用FAX/082-249-8669
折口内科医院 〒730-0822
広島県広島市中区吉島東1丁目4−16
TEL/082-241-6836
FAX/082-241-6856
Mail/info@origuchi-naika.jp
URL/http://www.origuchi-naika.jp/
ページ上部へ
在宅医療連携拠点事業について
在宅・施設医療ネットワーク広島について
勉強会・講演会のご案内
在宅治療を受けたい
  
利用ガイド・各種お問い合わせ
Copyright (C) 2013 在宅・施設医療ネットワーク広島 All Rights Reserved.