折口医院

在宅医療拠点事業について

在宅医療連携事業とは

高齢化に対応するための在宅医療の推進のために。

患者さんが住み慣れた環境で医療、介護などの支援を受けるためには在宅医療の体制が重要となります。

「在宅医療拠点事業」は在宅医療を賄う地域の医師、歯科医師、薬剤師、看護職員、ケアマネジャーなどの多職種の連携と支援体制構築をサポートする為の厚生労働省の推進事業です。全国では100件が平成24年度在宅医療連携拠点事業に選ばれ、広島では折口内科医院が選定され、在宅医療連携と推進の為、その役割を担うこととなりました。

在宅医療連携事業、その役割と目的

これからの医療を考えた時、在宅医療は欠かせない選択肢となります。在宅医療推進事業では在宅医療の体制づくりを推進します。

入院を希望される方には入院を、在宅治療を希望される方には在宅を、そして施設利用を希望される方には施設を。希望に沿った多様な選択肢を用意することが重要なことだと考えています。

しかし、別な観点も必要です。
これから団塊の世代が高齢化していく時代をむかえると病院への入院を希望しても、入院がかなわない時代が来ます。 病院の数やベッド数は増えませんが、高齢化による死亡者数、あるいは急病者数が今後急速に増加すると予想されています。 つまり、病院では急病者、重症者のすべてに対応することは出来なくなる可能性が高いのです。

在宅や施設での医療を積極的にすすめていくしかこの高齢化の津波を乗り越えることは出来ない、と覚悟する必要がありそうです。在宅医療を推進していくためには、現在すでに存在している在宅医療資源を有効に活用していくことが大切です。

今回の在宅医療連携拠点事業は、まさに地域での在宅医療にかかわる多職種の連携を模索し強化していく、という事業として展開されています。

文字サイズ変更

  • 小
  • 中
  • 大
  • セミナー・講演会のご案内
  • 在宅診療って誰が、どこで、どうやって?よくあるご質問
  • 在宅治療を受けるまでの流れ
  • 地図から探す お近くの関連医療期間を地図から探して頂けます。


厚生労働省委託事業 在宅医療連携拠点事業

在宅・施設医療ネットワーク広島 事業専用TEL/082-249-8668
事業専用FAX/082-249-8669
折口内科医院 〒730-0822
広島県広島市中区吉島東1丁目4−16
TEL/082-241-6836
FAX/082-241-6856
Mail/info@origuchi-naika.jp
URL/http://www.origuchi-naika.jp/
ページ上部へ
在宅医療連携拠点事業について
在宅・施設医療ネットワーク広島について
勉強会・講演会のご案内
在宅治療を受けたい
  
利用ガイド・各種お問い合わせ
Copyright (C) 2013 在宅・施設医療ネットワーク広島 All Rights Reserved.